ララビュウオンラインショップ


  最新情報  

4/26 ブランド通販 GLADD

5/7㈪~21㈪ セール開催!!

最大70%OFF(個数限定あり)

 詳細はこちら≫

4/26 ショップチャンネル 

5月16日㈬

ショップスターバリュー「夏いち!」

に初登場!!

新アイテムが最大46%OFF!!

潤子ララビュール出演

5月16日(水)深夜0時~・夜7時

              詳細はこちら≫

ララビュウの歴史

ご挨拶

ご挨拶

 

美肌づくりに近道なし。NYの皮膚科医たちが教えてくれたこと

「こんなスキンケアがあったらいいな」。上質でシンプルなお手入れ、それでいで確かな手応えを感じられる、そんな私の一途な願いを込めて完成したのが「ララビュウ」です。ここに辿りつくまで、数えきれないほどのトライ&エラー、そして28年暮らしたNYの、トップオブトップと呼ばれる皮膚科医たちからの学びがありました。

 外資系航空会社の客室乗務員という環境を生かし、世界中の化粧品、美容法を試すほど美容好きだった私は、30代を前にして高価な化粧品を使っているのに、キレイどころかピーリングで肌はボロボロ、湿度2%という機内の乾燥によるニキビにも悩まされていました。せっかく美容最先端のNYに住んでいるのだからと、興味半分、治療半分で名医と呼ばれるドクターの元を訪れました(それも5人も!)

。ところが皮膚のプロフェッショナルである彼らでさえも、すぐに肌を治すことはできませんでした。「肌を健やかに保ち、基礎力を育てなさい」と話す彼らの指導はいたってシンプル。「汚れをきちんと落とし」、「適切な美容成分で保湿をし」、「紫外線から肌を防御すること」。美肌に近道なし、ということをあらためて思い知ったのです。

 それはNYアッパーイーストサイドに住むセレブリティ達でも一緒。いくらお金をかけても美容レーザーや外科手術だけでキレイを手に入れることはできません。意識の高い彼女たちは、肌の力を育てる毎日のお手入れこそ重要であることを正しく理解し、日々実践しています。だからこそ、ファンデーションにも、大粒の宝石にも頼ることなく、まるで自分自身が光り輝いているような肌を手に入れられるのです。

クレンジングミルクで行う"ミルク洗顔”が、お手入れの第一歩

では、肌の基礎力を育てるには? 私がもっとも重要だと考えているのがクレンジングミルクで行う“ミルク洗顔”です。今でこそ、クレンジングミルクを使う女性たちも増えてきましたが、当時NYのドクターたちに教わったときは、とても驚いたものでした。

日本女性たちは、“きっちり落とした感”を求めて洗いすぎてしまい、肌を乾燥させている方が多いのです。クレンジング法を変え、ダブル洗顔をやめた私の肌はみるみる元気になって、今では、「50代に見えない」と褒めていただけるようにまでなりました。

 当時、NYで購入できるクレンジングミルクは、どうしてもすすいだ後に油膜感が残ってしまい、その後洗顔フォームを使いたくなるものばかりでした。これ、と思えるものが見つからないなら自分で作ってしまおうと思ったのが、「ララビュウ」のクレンジングミルクを開発したきっかけです。

 これほどたくさんの化粧品がある日本市場でも、この「ホワイトCクレンジングミルクEX」のような、しっとりもちもち、それでいて油膜感ゼロの洗い上がりを叶える製品はないと自負しています。ぜひ一度、ミルク洗顔をお試しください。数日で肌が変わるのを実感いただけるはずです。

「ララビュウ」は、シンプルケアがモットー。 ピンと引き締まったハリ、弾力、肌本来の輝きを最大限に引き出すスキンケアです

目指すのは、シワひとつない、ピンと引き締まったNYのセレブリティ達のような肌です。いいシワは、もちろんあっていいけれど、本音を言えば、ないほうがありがたいですよね(笑)。

そのためには欠かせないビタミンCをたっぷりと肌に届けるエクセレントローション、人気のクレンジングミルクEX以外にも、リンクルセラムEX、エクセレントHQナノクリームなどがラインナップ。

私はドクターでも、化学者でもありません。でも、その分製品開発にかける情熱と時間はたっぷりあります。NYの抗老化研究から探し抜いた美容成分、そして職人気質の日本のラボとの共同開発で一品一品作り上げた100%の自信作です。高品質なものをたっぷりお使いいただきたいから、続けやすい価格にもこだわりました。

 私自身もそうですが、母として仕事人として、毎日忙しく、自分のことは後回しにしがちな女性にこそ使っていただきたいと思います。年齢を重ねても、キレイになることをあきらめる必要はありません。そして「キレイはハッピー」の好循環を、どんどん広げていきましょう!

プロフィール

潤子ララビュール

潤子ララビュール

1963年東京都生まれ。美容家・コスメプロデューサー。外資系航空会社の機内通訳、後にNYベースのキャビンアテンダントとして勤務しながら、各国の美容法やコスメを探求。20代のころからコスメマニアとして数々の女性誌に登場する。

ビューティアドバイザーとして活動するうちに、熱意が高じてコスメブランド「ララビュウ」をプロデュース。20代より“ファンデーションのいらない素肌”を目指し、自身のノーファンデ主義を実践。50代とは思えない美肌の持ち主として知られる。NY在住25年以上の経験を生かし、最先端の情報を持つ皮膚科医や科学者をブレーンに化粧品を開発、独自のNY美容法を提案している。「ララビュウ」は、2018年にブランド誕生15年を迎える。

著書に「潤子ララビュールのスキンケア・バイブル」(双葉社刊)、「絶対!ノーファンデ主義」(講談社刊)がある。